内容が全然変わります

Handsome man

ちなみにあなたはシステムエンジニアとプログラマーの違いを理解していますか?これは結構ややこしいところですが、同じように見えて実は明確な違いが存在します。共通していることといえば、プログラミングスキルを持っているということだけです。しかしシステムエンジニアとプログラマーでは仕事内容に相違が大きくあります。たとえばプログラマーというのは主にずっとパソコンでコーディングをするだけの仕事となりますが、システムエンジニアはどちらかというと直接プログラミングを行うよりも、クライアントと打ち合わせをしたり、プログラマーに作ってもらうWEBページに関する資料を作成したりするような業務が待っています。なのでもしあなたがずっと一日中パソコンにつきっきりでコーディングしたい!という場合は、システムエンジニアよりもプログラマーを目指した方が良いでしょう。逆にマネジメント的な業務に関心があるのなら、システムエンジニアを目指すのがおすすめです。ちなみに最近では、両方を一人でこなすような方もいらっしゃいます。それは会社によって色々体制が異なるので、あなたがどんな働き方をしたいのか、まずはよく考えてみると良いでしょう。システムエンジニアを目指す場合は、コミュニケーション能力もかなり必要になってくるので、人と接することに抵抗がなければ、システムエンジニアになってみるのが良いと思います。基本的にコーディングをしたいというタイプの人は内向的な人も多いかと思いますので、黙々としたい方は絶対にプログラマーになった方がおすすめです。